タグ別アーカイブ: Dr.コパ

高松宮記念 枠順


Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file(http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1" in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/twentyfourteen/content.php on line 71

第44回高松宮記念(30日・中京11R1200メートル芝18頭、GI)枠順が28日発表されました。

〔1〕(1)マジンプロスパー 57内 田
〔1〕(2)サクラゴスペル 57松 山
〔2〕(3)サンカルロ 57吉田豊
〔2〕(4)レッドオーヴァル 55川 田
〔3〕(5)コパノリチャード 57Mデム
〔3〕(6)リアルインパクト 57戸 崎
〔4〕(7)レッドスパーダ 57四 位
〔4〕(8)ガルボ 57石 橋
〔5〕(9)ストレイトガール 55岩 田
〔5〕(10)シルクフォーチュン57藤岡康
〔6〕(11)インプレスウィナー57丸 田
〔6〕(12)ハクサンムーン 57酒 井
〔7〕(13)アースソニック 57三 浦
〔7〕(14)レディオブオペラ 55藤 田
〔7〕(15)スマートオリオン 57横山典
〔8〕(16)エーシントップ 57武 幸
〔8〕(17)スノードラゴン 57大 野
〔8〕(18)マヤノリュウジン 57池 添

・前哨戦シルクロードステークスの勝利で2連勝中となる、注目のストレイトガールは5枠9番
・先日の阪急杯優勝 Dr.コパ氏がオーナーのコパノリチャードは3枠5番
・高松宮記念において2着の経験が2回となり、5年連続参戦になるサンカルロは2枠3番
・オーシャンステークスの勝ち馬であるスマートオリオンは7枠15番
・昨年の高松宮記念では3着、その後の秋のスプリンターズステークスでは2着だったハクサンムーンは6枠12番
・前走シルクロードステークス2着のレディオブオペラは7枠14番

30日、中京競馬場(11R)で、午後3時40分にスタート
勝ち馬投票券は29日から全国のJRA競馬場、ウインズ等で前日発売!

【中京芝】
・中間に降雨が少しあったが、金曜正午時点では良馬場発表。先週の傾向だと中京としては時計の出る馬場状態。
・外からの差しが決まるので、ディープインパクト産駒の決め手が生きる馬場。フジキセキ産駒も合う。ただ、中距離だとスローで流れ過ぎて前が残るパターンがあるので、それは警戒したい。

週末の馬場傾向予測

フェブラリーステークス結果はDr.コパ愛馬のコパノリッキーが制覇!


Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file(http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1" in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/twentyfourteen/content.php on line 71

2014年2月23日 東京競馬場11R 今年初のGIレースとなる第31回フェブラリーステークス王座に就いたのは

ベテランが幅を利かすダート勢の中で、どん底から甦り勢力図を一気に塗り替えた未だ4歳の新星馬で、今回なんと16頭中16番人気と最低人気馬だったコパノリッキー!! という大波乱の結果となった

コパノリッキーの名からも読み取れる様に、馬主はなんとあの風水家としてお茶の間でもお馴染みのDr.コパこと小林祥晃 氏

また

田辺騎手、コパ氏ともにJRA・GI初制覇!

1着本賞金9400万円

タイム1分36秒0

単勝2万7210円

ちなみに、1番人気のベルシャザールは3着、、、

コパ氏の風水パワーが実を結んだか否かは、、、 であるが 笑

強運とも思える力での勝利!?とも考えると、風水力もあながち侮れない… のかもしれない

さて、そのような結果となった今回のフェブラリーステークス

レース序盤、好スタートを決めて2番手に付けたコパノリッキーが、スローペース展開の中、抜群の手応えのまま最後の直線に向くと残り400メートルで先頭に立った。

そしてギリギリまで追い出しを我慢

直線半ばで右ムチを入れて再スパート!

しかしホッコータルマエに詰め寄られる

が、半馬身以上寄せ付けず差をキープ!

そしてそのままゴールを駆け抜け大勝利!!

これには誰もが驚きの結末と映ったのかもしれない

しかしながら、このコパノリッキーは早くから期待されていた素質馬(風水の話はおいておいて…)

昨年2013年の5月に交流GIIとなる兵庫チャンピオンシップを制すも
右前脚の骨折で長期休養を余儀なくされる事となり
同2013年11月より復帰するも 10、9着と結果が振わなかった。

この中間では調教量を増やし鍛え直し、2分の1となる抽選を突破する運も味方につけ
この今回の大舞台でどん底からの劇的な復活を見せ付けたわけだ

しかも

グレード制導入後のGIに於ける最低人気馬による勝利は

1989年エリザベス女王杯;サンドピアリス(20番人気)
2000年スプリンターズS;ダイタクヤマト(16番人気)
2001年中山大障害;ユウフヨウホウ(10番人気)

これらに次ぐ4例目となり

単勝27,210円については、1989年エリザベス女王杯を制したサンドピアリスの43,060円に次いでJRA GI史上で歴代2番目となる高額配当!!

また、このコパノリッキーについては

今回が通算9戦目となりGIとなった19997年以降に於いて最少キャリアでの制覇となる。

風水もあながち捨てたものではないのかもしれない…

コパノリッキー とは
父ゴールドアリュール、母コパノニキータ、母の父ティンバーカントリー。栗毛の牡4歳。栗東・村山明厩舎所属。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産馬。馬主は風水家としても著名なDr.コパこと小林祥晃 氏。

戦績9戦5勝(うち地方1戦1勝)。獲得賞金は1億6031万2000円(うち地方2800万円)。重賞は2013年交流GII兵庫チャンピオンシップに次いで2勝目。フェブラリーSは、村山明調教師は12年テスタマッタに次いで2勝目、田辺裕信騎手は初勝利。