カテゴリー別アーカイブ: 第31回 フェブラリーステークス

フェブラリーステークス結果はDr.コパ愛馬のコパノリッキーが制覇!


Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file(http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1" in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/twentyfourteen/content.php on line 71

2014年2月23日 東京競馬場11R 今年初のGIレースとなる第31回フェブラリーステークス王座に就いたのは

ベテランが幅を利かすダート勢の中で、どん底から甦り勢力図を一気に塗り替えた未だ4歳の新星馬で、今回なんと16頭中16番人気と最低人気馬だったコパノリッキー!! という大波乱の結果となった

コパノリッキーの名からも読み取れる様に、馬主はなんとあの風水家としてお茶の間でもお馴染みのDr.コパこと小林祥晃 氏

また

田辺騎手、コパ氏ともにJRA・GI初制覇!

1着本賞金9400万円

タイム1分36秒0

単勝2万7210円

ちなみに、1番人気のベルシャザールは3着、、、

コパ氏の風水パワーが実を結んだか否かは、、、 であるが 笑

強運とも思える力での勝利!?とも考えると、風水力もあながち侮れない… のかもしれない

さて、そのような結果となった今回のフェブラリーステークス

レース序盤、好スタートを決めて2番手に付けたコパノリッキーが、スローペース展開の中、抜群の手応えのまま最後の直線に向くと残り400メートルで先頭に立った。

そしてギリギリまで追い出しを我慢

直線半ばで右ムチを入れて再スパート!

しかしホッコータルマエに詰め寄られる

が、半馬身以上寄せ付けず差をキープ!

そしてそのままゴールを駆け抜け大勝利!!

これには誰もが驚きの結末と映ったのかもしれない

しかしながら、このコパノリッキーは早くから期待されていた素質馬(風水の話はおいておいて…)

昨年2013年の5月に交流GIIとなる兵庫チャンピオンシップを制すも
右前脚の骨折で長期休養を余儀なくされる事となり
同2013年11月より復帰するも 10、9着と結果が振わなかった。

この中間では調教量を増やし鍛え直し、2分の1となる抽選を突破する運も味方につけ
この今回の大舞台でどん底からの劇的な復活を見せ付けたわけだ

しかも

グレード制導入後のGIに於ける最低人気馬による勝利は

1989年エリザベス女王杯;サンドピアリス(20番人気)
2000年スプリンターズS;ダイタクヤマト(16番人気)
2001年中山大障害;ユウフヨウホウ(10番人気)

これらに次ぐ4例目となり

単勝27,210円については、1989年エリザベス女王杯を制したサンドピアリスの43,060円に次いでJRA GI史上で歴代2番目となる高額配当!!

また、このコパノリッキーについては

今回が通算9戦目となりGIとなった19997年以降に於いて最少キャリアでの制覇となる。

風水もあながち捨てたものではないのかもしれない…

コパノリッキー とは
父ゴールドアリュール、母コパノニキータ、母の父ティンバーカントリー。栗毛の牡4歳。栗東・村山明厩舎所属。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産馬。馬主は風水家としても著名なDr.コパこと小林祥晃 氏。

戦績9戦5勝(うち地方1戦1勝)。獲得賞金は1億6031万2000円(うち地方2800万円)。重賞は2013年交流GII兵庫チャンピオンシップに次いで2勝目。フェブラリーSは、村山明調教師は12年テスタマッタに次いで2勝目、田辺裕信騎手は初勝利。

第31回 フェブラリーステークス (G1) 2014年2月23日(日) 東京競馬場11R 予想のまとめ


Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file(http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1" in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/twentyfourteen/content.php on line 71

様々な予想情報を元にまとめてみました
第31回 フェブラリーステークス (G1)についての参考になればと思います

さてそれでは以下どうぞ

まずはやはり

昨年2013年のジャパンカップダートで勝利し最優秀ダート馬として選出の「ベルシャザール」が注目のようです

武蔵野S・JCDではルメール騎手という主戦騎手が決まっていないベルシャザールですが
今回、2014年のフェブラリーSではC.デムーロ騎手とのコンビが決定!と、外国人騎手の騎乗が続き
その後はドバイWCの予定との事ですが、その際はまたルメール騎手に戻る予定との事。

フェブラリーSではベルシャザールとホッコータルマエの2頭が人気になるのでは?との声も
「ベルシャザール」についてはジャパンカップダートに続きG1連勝となるのか?見ものでしょう。

そして

一昨年2012年ジャパンカップダート覇者「ニホンピロアワーズ」は単勝オッズ1.6倍の圧倒的な支持に応えて東海Sで断然人気のもと完勝!

昨年のジャパンカップダートでは5着、続く東京大賞典では3着と振るわなかったものの、東海Sでは良い走りを久々に見せてくれました。

しかしながら

昨年2013年秋の2レースで先着を許した相手と比較すると楽なメンバーでの結果
それを考えれば当然とも考えて良いのかもしれません

そのくらい実績と実力を兼ね備えた馬であるともいったところ?

そして、今回のフェブラリーステークスとなるわけですが…

昨年については回避となっているようで1600では未知数との声も

東京ダート1600では、スピードのある馬の様ですし良いようにも思えますがこの辺りどうでしょうね?

それらを踏まえると

調整がしっかりうまく行けば「ベルシャザール」との声も高いですが…

この2012年ジャパンカップダート覇者「ニホンピロアワーズ」もまた、川崎の交流G1川崎記念で人気に応え快勝した「ホッコータルマエ」と対等の評価をしても良い馬且つ、ここできっちり勝ってきた事で今年2014年のフェブラリーSまた面白くなってきたとの見方もあるようです。

そしてまた「ホッコータルマエ」については

昨年交流G1の主要タイトルをほぼ総ナメにしながらもジャパンカップダートで敗れ、最優秀ダートホースを逃しているだけに今回是が非でも勝っておきたいのが「ベルシャザール」などなど

今回のフェブラリーS、ダート上位馬が勢揃いし非常に見応えのあるレースになりそうで今からとても楽しみですね。

ちなみに

昨年2013年のフェブラリーステークス覇者「グレープブランデー」この馬については今回も厳しい結果となってしまいました。

昨年のフェブラリーS後の骨折から復帰、そして4戦となりますが
この流れを鑑みると今年は難しい?という見方になるでしょうか?

さて

そんな今年2014年初のJRA G1となる2月23日(日)に東京競馬場にて開催のこのフェブラリーステークス(フェブラリーS)のスケジュールですが

2月20日(木)出走馬決定、
2月21日(金)枠順決定
2月23日(日) 東京11R 15時40分発走予定

となっていますね

そして気になる登録馬は以下となるようです

ご参考になればと思います。

フルゲート16頭

———–
優先出走馬
———–

ゴールスキー
ニホンピロアワーズ

———–
賞金上位馬
———–

ホッコータルマエ
ワンダーアキュート
ベルシャザール
ドリームバレンチノ
エーシントップ

ダノンカモン
シルクフォーチュン
グランドシチー
ノーザンリバー
アドマイヤロイヤル

ブライトライン
ベストウォーリア
ソロル
ケイアイレオーネ

———–
除外対象馬
———–

コパノリッキー
ダブルスター
レーザーバレット
ナイトフッド

出馬投票を行った馬のうち、2月11日発表のレーティングをもとに定める順位の上位5頭は優先出走

しかしながら、レーティング110(牝馬については106)以上の馬に限る