カテゴリー別アーカイブ: 桜花賞

第74回 桜花賞 データ


Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file(http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1" in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/twentyfourteen/content.php on line 71

2014年牝馬クラシック第一弾となる、第74回 桜花賞 牡馬クラッシック 2014年4月13日(日)阪神競馬場 芝 1600m G1について、2013年は7→2→14番人気の着順だが、2008年には12→15→5番人気の着順で700万円を超える高配当でもあったりと波乱含みの展開も予想されるこのレースについて、過去データを元に公表さてる見解をまとめてみた。

まず

過去10年に関する単勝1番人気馬は3勝2着が4回あるが、常に伏兵馬の活躍が目立つ。この点にも併せて留意が必要。

単勝オッズ別の成績をチェックしてみることでその点は理解できるだろう。
オッズ6.9倍以下からは3着馬が1頭も出ていない。
更にオッズ5.0~9.9倍の成績は今一つという点も要留意である。

阪神競馬場については2006年に行われたコース改修に際して、2007年の桜花賞からは新設された芝1600m 外回りのコースが使用されることとなった。

これによってスタート地点は向正面に変更され、直線部分が長いコースで競われるレースへと変化。

とはいえ

過去10年のデータを通して見てみても、外枠優勢の傾向に変化は見られないようだ。

また、過去10年の禅僧レース成績をチェックしてみると、この桜花賞で好成績を残す馬としてはチューリップ賞、フラワーCから臨んできた馬で、フィリーズレビューからに関しては56頭中の2頭の勝利はあるものの、3着以内は4頭のみ。

更に言えば、このほかのレースから3着内はあったのか?を見てみると、アネモネからの参戦となるソーマジックの2008年3着のみであった。

また、桜花賞3着内の馬の殆どが前走3着以内の馬となるようで、4着以下からの勝利についてはジェンティルドンナ(2012年)のみ。

2着となるとエフティマイア(2008年)とレッドオーヴァル(2013年)だけである。

これらの点を鑑みると、早期デビュー後に桜花賞へ挑んだ馬の優位性が垣間見えるようだ。

2014年の今回のレースも伏兵馬には注意が必要といえそうでもあり、過去データに基づく予想も重要と考えられるだろう。

以下、2014年桜花賞登録馬に関する情報

  • 【アドマイヤビジン】 栗東  9戦[ 2- 2- 2- 3]
  • 【カウニスクッカ】 美浦  5戦[ 2- 0- 0- 3]
  • 【コーリンベリー】 栗東  4戦[ 3- 0- 0- 1]
  • 【シャイニーガール】 栗東  5戦[ 2- 0- 1- 2]
  • 【ダンスアミーガ】 栗東  4戦[ 2- 0- 0- 2]
  • 【ニシノミチシルベ】 美浦  6戦[ 1- 2- 1- 2]
  • 【ニホンピロアンバー】 栗東  7戦[ 2- 2- 0- 3]
  • 【ヌーヴォレコルト】 美浦  4戦[ 2- 1- 0- 1]
  • 【ハープスター】 栗東  4戦[ 3- 1- 0- 0]
  • 【フォーエバーモア】 美浦  4戦[ 3- 0- 1- 0]
  • 【フクノドリーム】 美浦  6戦[ 3- 1- 0- 2]
  • 【ブランネージュ】 栗東  8戦[ 2- 2- 3- 1]
  • 【ベルカント】 栗東  5戦[ 3- 1- 0- 1]
  • 【ペイシャフェリス】 美浦  7戦[ 2- 1- 2- 2]
  • 【ホウライアキコ】 栗東  5戦[ 3- 0- 0- 2]
  • 【マーブルカテドラル】 美浦  6戦[ 3- 0- 0- 3]
  • 【モズハツコイ】 栗東  7戦[ 1- 2- 1- 3]
  • 【リラヴァティ】 栗東  6戦[ 1- 1- 2- 2]
  • 【レーヴデトワール】 栗東  5戦[ 2- 0- 0- 3]
  • 【レッドリヴェール】 栗東  3戦[ 3- 0- 0- 0]

※ 出走馬情報についてはJRAホームページで4月6日、10日と順次公開の予定との事。

ベルカント 優勝 第48回フィリーズレビュー


Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file(http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1" in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/twentyfourteen/content.php on line 71

春の牝馬クラシックとなる桜花賞の優先出走権かかる

今年2014年のフィリーズレビューを制したのは武豊騎乗のベルカント
2番人気ながらも1分22秒3で優勝

内ラチ沿いに好位を追走し直線に入ると
最内を突いて末脚を伸ばし一気に抜け出しニホンピロアンバーに1馬身1/4差をつけての快勝となった

また、3着のエスメラルディーナまでが桜花賞の優先出走権を獲得
1番人気のホウライアキコは5着…

とはいえ、桜花賞トライアルといえどもこの結果がそのまま桜花賞の最有力候補という事にはならない

桜花賞への手応えを聞かれた武豊は「ハハハ」と苦笑いするほど…
>>> 【フィリーズレビュー】快勝ベルカントの見逃せない変化

桜花賞本番へ向けて各所予想はまだまだ混迷を極めそうだ

【払戻金】
■ 単勝560円
■ 枠連〔1〕〔6〕1450円
■ 馬連(1)(12)7万6030円
■ 馬単(1)(12)8万8570円
■ 3連複が(1)(12)(14)25万3310円
■ 3連単は(1)(12)(14)175万540円
■ ワイドは(1)(12)1万8330円 (1)(14)1470円、(12)(14)2万5080円

報知杯フィリーズレビュー(桜花賞トライアル)


Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file(http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1" in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/twentyfourteen/content.php on line 71

牝馬クラシック第1戦目となる今年の桜花賞トライアルレースとなる第48回報知杯フィリーズレビュー(芝1400m)

各所より様々な事前情報や報道が出揃い始めている

近年これまでのレースについて振り返ってみようと思う

まず

この報知杯フィリーズレビューにおける近年の勝ち馬中、桜花賞で勝利した馬は2005年のラインクラフトだけ

そして2008年は、3着だったレジネッタが次走で桜花賞を制し

昨年2013年の優勝馬であるメイショウマンボは
その後の桜花賞では10着と敗北…

しかしながら

オークス・秋華賞で勝利

 

というわけで

3歳牝馬におけるその後の様々な重賞勝利馬を占うレースとしても目が離せない

それがこの報知杯フィリーズレビューというレースの特徴でもあるわけである

そこで

当然ながら皆さんもご存知様に、JRAでも注目レースとして取り上げており、サイトなどでは過去10年の結果をもとに検証情報を提供していたり、各種予想媒体においても同じく様々な情報や予想各種が出されているような状況でもある

直近においては最も注目度の高いレースの一つである事は間違いなく

2007年以降、7年連続で前走「芝1600m」組から優勝馬が送り出されているというところは留意する点であるともされ

近2走以内に出走のオープンクラス芝1400m~芝1600mレースにおける最高着順別成績においては1~4着となる各グループ3着内率で33.3%以上という記録もあるわけだが

その点からもフィリーズレビューと近しい条件下で上位に入ったレース実績を持つ馬は高評価に値するともされる

このほか

出走経験なしグループからも2頭の勝利馬もあり、この2頭については2連勝中だったということもあった

更に

6~9着組での勝利馬は該当するレースで3番人気に推されていたなどの検証結果もある
そこで

単勝人気別成績を精査してみたという情報によれば

1、3、5番人気の各グループから3着内率50%と比較的高い数値が出てくるようで

6~9番人気組についても20%といった値が弾き出される状況とはいうものの、これについては4番人気と同等のものであったりもする

ゆえに、2番人気10%を上回る数値でもあり、6番人気以下から考えると3着以内馬が12頭送り出されている現状なども鑑みれば伏兵馬の警戒は重要ともいえる という分析だ

 

【 報知杯フィリーズレビュー関連速報 2014/3/10 19:06付 】

ホウライアキコなど好素材馬そろう

阪神競馬場では8日のチューリップ賞に続き、16日に桜花賞トライアルのフィリーズレビュー(GII、芝1400メートル)が行われる。3着までに本番への優先出走権が与えられるレースだが、過去10年の勝ち馬のうち桜花賞を制したのは2005年ラインクラフト1頭だけ。今年も桜戦線はチューリップ賞を圧勝したハープスター断然ムードだが、フィリーズレビュー組も好素材がそろっている。

情報元:サンスポ予想王より