カテゴリー別アーカイブ: 天皇賞

キズナ全治9か月 来年2015年京都記念で復活?


Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file(http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1" in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/twentyfourteen/content.php on line 71

当初、全治6か月程度という見込みであったキズナだったが、想定していたよりも長い全治9か月となる療養となる事が判明した。

有馬記念に向けてというところでもあったが、当初想定よりも長い全治9か月という病状に関係者の不安は募るところでもある。

先日行われた天皇賞 春の4着後、左第3手根骨の骨折が判明し、有馬記念で復活か?と目されていたいたが、診断の結果は全治9か月。

これによって復帰予定は2015年2月G2、芝2200メートルの京都記念である可能性が有力となる事が判明した。

診断通りに考えれば今年2014年の年末12月28日 G1、中山 芝2500メートルにて開催の有馬記念での復活は厳しい結果となり、そうなると結論的には来年2015年2月開催の京都記念あたりとの見通しが現実的であるという事の様だ。

この状況により今年の復帰は絶望的となってしまったが、先日5月9日には約50分間に及ぶ骨片除去の手術を終え、患部安定のため厩舎の馬房で現在静養中であるが、術後は順調で、患部の抜糸を終える来週中には鳥取県の大山ヒルズへ放牧に出される予定。

今年の京都記念

フェノーメノV2/天皇賞 史上3頭目 キズナ故障発覚


Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file(http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1" in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/twentyfourteen/content.php on line 71

強敵撃破によって結果的には昨年の覇者フェノーメノが怪物ぶりを発揮してゴール前4頭の大接戦を首差で制し今年の天皇賞 春も制し連覇を果たした。

昨年の秋に発症した繋靱帯炎などマイナス材料もあったものの、蛯名正義騎手とともにそれらを乗り越え連覇を果たした格好。

更には秋の天皇賞制覇への期待も高る事となる。

結果、ワンツーは4強内で決着。

期待のゴールドシップは2番人気だったものの7着
この後の6月29日、阪神で行われる宝塚記念を目指す。

追い上げたものの発走時にゲート内で暴れ出遅れた事により本来の末脚も見られず残念な結果に終わった。

鞍上ウィリアムズが違和感を覚えてゴール後に下馬。場内も騒然。。。

骨に異常はなかったものの「右前脚の首筋から肩にかけてひねったようだ」との事で、レース後に2度エックス線検査を受けた。

今後順調であれば宝塚記念に向かうとの事で、このレースの連覇に期待がかかる。

一方、本レースにおいて武豊が騎乗でも絶大なる期待を背負い出走したキズナだが、結果は4着に終わるという残念な結果に、、、

ところがなんと、このレース後に「左第3手根骨骨折」というキズナの故障が判明。

直線での伸びも乏しく、その原因を探ってみた中で診断を受けたところの故障発覚だったようで、順調だとして有馬記念(12月28日・中山)の復帰という見解らしい。

よって10月5日、フランス・ロンシャンで行われる凱旋門賞再挑戦は白紙となってしまった。

以下同レースの動画。

キズナ【情熱大陸 特集】

天皇賞 春 制覇に向けて キズナいよいよ


Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file(http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1" in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/twentyfourteen/content.php on line 71

2013年10月フランス・芝2400mで競われた凱旋門賞で4着、その奮闘の後、今年2014年4月の国内復帰戦となった阪神・芝2000mの大阪杯では、同世代のエピファネイア(菊花賞馬 牡4歳)にメイショウマンボ(オークス、秋華賞、エリザベス女王杯 牝4歳)など、一線級の顔ぶれのなか、天皇賞・春、更にはその先の凱旋門賞への再挑戦に向けての4歳初戦であったが、結果からみればキズナの強さを強烈に印象付けるレースでもあった。
そんな昨年2013年の日本ダービー覇者キズナ(牡4歳)だが

まだ2400mまでの距離経験しかないものの、このレースにおける200m毎のラップはすべて11秒台のロングスパートで、後半1000mのタイムは推定57秒2。大きなストライドでゴールを過ぎてもどこまでも伸びていきそうな末脚の迫力を見せつけられると、3200mの天皇賞・春で要求されるスタミナ面の不安も一掃?と考えても良いかもしれない。

もちろん、今後の最重要している照準となると、凱旋門賞再挑戦とはなるとは思う。
しかし、単なるステップとして日本のレースに出走するわけではなく、全てのレースに本気で挑むという関係者談もあった。

キズナの天皇賞獲りに向けて、ここまで本気の陣営に後押しされるキズナの迫力ある走りが今から楽しみでもある。

第149回 天皇賞 春予想


Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file(http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1" in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/twentyfourteen/content.php on line 71

来月2014年5月4日に京都で開催される伝統の古馬長距離G1となる第149回天皇賞・春へ出走のゴールドシップ(牡5歳、栗東・須貝)は、短期免許で来日予定のクレイグ・ウィリアムズ騎手(36)=豪州=と初コンビを組むことを4月26日に須貝師が発表、決定した。

ウィリアムズ騎手はジャガーメイルで10年の天皇賞・春を制覇しており、29日に来日予定で、宝塚記念が行われる6月29日まで日本で騎乗を予定している。

やはり注目は、キズナとゴールドシップの初対決!
この前哨戦を快勝した現役屈指の大物2頭に最大の注目が集まっている。

2013年ダービー馬となるキズナは、4着だった凱旋門賞以来の実戦となった大阪杯で直線を一気に差し切り勝利。
強烈な武器・伝家の宝刀ともいえる末脚を武器にG1タイトル2個目を狙う。

阪神大賞典を3馬身半差で楽勝し、1番人気にも拘らず5着に敗れてしまったゴールドシップは、昨年の雪辱をこの天皇賞で狙う。

また、連覇を目指すフェノーメノは

美浦のウッドチップコースで1週前追い切りを行い、
5ハロン82秒5―67秒1―53秒1―39秒5―13秒7。
と好調の様子。

騎乗の蛯名は「動きはいつもの感じ。最後はやる気満々だったのであまりやらなかった。去年(の状態)までは、まだのような気はするが、着実に良化してきたと思う」と好感触。

9か月半の休養明けとなった日経賞では、3番手を追走したものの直線で伸びきれず5着に終わった。

これについてはパドックから馬がやる気になりすぎており、それが空回りしてしまったとの点があったとの事で、あの時に比べさらにそのご使ってきたことで今では落ち着きも出てきているとの事。

昨年の良いステップからアクシデントもあってのひと叩きがあり、状態は上向きという。
出走メンバーも揃ってきており、自身の競馬をしてどこまでやれるか?が勝負どころではないだろうか?

前年覇者の底力を示してもらい、より楽しめるレースへと展開を期待したいところである。

とはいえ、過去10年のレースデータをみる限りでは、下位人気馬の台頭には常に警戒が必要と言える形でもある。

前走3着以内の馬が優勢とのデータもあり、そうなると年明け初戦の着順にも注目が必要か?

近4走以内の京都コース実績からも目は話せず、人気馬だけに目を向けてもいられない。

出走回数別に成績を調べた場合においては、2勝の「1回」組と3勝の「3回」組のどちらかのグループが勝利を飾っており。

今年も、年明け以降の出走回数のチェックはしておいたほうが良さそうでもある。

いづれにしても、注目馬の出走もさることながら、やはりこの春最大のレースの1つでもある天皇賞からは目が離せない。

天皇賞騎乗不可能 岩田騎手騎乗停止


Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file(http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1" in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/twentyfourteen/content.php on line 71

2014年4月27日東京10Rにおいて、リラコサージュ騎乗の岩田康誠騎手が最後の直線で外側に斜行、その影響を受けジャングルハヤテがつまずき後藤浩輝騎手が落馬。

この一件により、岩田騎手は5月3日から11日まで9日間(開催日4日間)の騎乗停止。
但し、着順位については失格事由に当てはまらぬ為、到達順位通りで確定。

岩田騎手は、

天皇賞・春=ウインバリアシオン
NHKマイルC=ロサギガンティア

と、騎乗する予定だったものの
どちらについても不可能となってしまった。

さらに、この落馬で負傷した後藤騎手については
顔などを負傷しその後のレースは乗り替わりとなっている。

なお、診断の結果は「第5、6頸椎棘突起骨折(けいついきょくとっきこっせつ)」と診断。

映像を見る限り、かなり強烈な形で落馬

見ている側もこういった落馬はかなりドキリとさせられてしまいます。

この落馬事故が起きたのは直線の残り300メートル付近で、リラコサージュの岩田騎手が外側に斜行し後方を走っていたジャングルハヤテが接触・転倒。

動画を見ても分かる通り、後藤騎手は芝コースに強烈に体を打ちつけて落馬、動けなくなってしまいました。
意識はあるといい、競馬場の救護室では問い掛けにも答えていたようですが、2012年5月にも同様の落馬事故で頸椎と頸髄(けいずい)を負傷にて長期離脱ということもあっただけに、今後について心配されるところです。

首の骨ですからね、、、
映像を見ているだけでもその衝撃の凄さが伝わってきそうなほどです。
早期の復活はさておき、まずは後藤浩輝騎手の良い形での怪我の回復をお祈りいたします。