競馬予想チェッカー

競馬予想サイト評判チェッカー

大井競馬

大井競馬第2R 猫飛び出す珍事

珍しいケースの出来事とはいっても、記事内でも触れられているように、重大な事故につながらなくて良かったなと思いますが、、、

3日の大井競馬第2Rで、各馬が直線に向いたところで、猫がコースの中に入り込み、馬群の約10メートル前を横切るという珍事が起こった。

大井競馬場ではこれまでにも、レース中に猫がコース内に入る事象がまれに起こっていたが、馬群の目の前を横切ったのは極めて珍しいケース。

TCKの広報課によると、4角付近に野良猫や捨て猫が複数住み着いており、これまでも継続的に対策を行い、つかまえて別のエリアに移動させていたが、また新たな猫が住み着くというイタチごっこが続いているという。レースの実施や騎手の安全性に支障を生じかねない事態だけに、さらなる対策を協議するとともに、ファンには猫を見かけてもエサなどを与えないでほしいと広報課では話していた。

レース中馬群の前に猫飛び出す/大井競馬

でも、こういった形で野良猫の侵入をとかって防ぎようはあるのでしょうか?
猫って結構な隙間もすり抜ける印象もあるし、どこからどう入り込んだのか?を調べるといっても、、、ねぇ?

確かに餌与えちゃう人もいるかもしれませんし、それによって住み着いてしまっているとかっていう事もあるのかもですが、フラッっと入り込んでしまう事もあるんじゃないか?とも思うんですが。

いたちごっこなどという話を聞くと、動物のする事ですし対策っていうのも難しそうですね。。。。

過去にはパドックに犬が乱入するという騒ぎも起きているっていう話もあるようですし、、

いづれにしても事故につながらなかったことは幸いでした。

PR競馬予想
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top