競馬予想チェッカー

競馬予想サイト評判チェッカー

ウオッカ馬像

ウオッカ馬像除幕式 - 東京競馬場

G1全7勝中、ダービーを含め6勝が東京という府中の申し子とも名高く、2011年のJRA顕彰馬である名牝ウオッカの場像が東京競馬場に建立され、4月23日馬像の除幕式が行われた。
原型製作は原田治展氏で谷水雄三オーナー(75)の寄贈によるもので、場所は東京競馬場正門を通って左側に位置するローズガーデンに設置。

既に競馬博物館にも小型の馬像がある。

現在、ウオッカはアイルランドで繁殖生活中。
初子として注目を集めているボラーレは7、15着の後、立て直しを図り放牧中。

第2子牝馬も年内に同じ角居厩舎からデビュー予定。

第3子も今秋に来日する(父は全てシーザスターズ)。
一年の空胎の後、現在はフランケルの子を宿しており、来年2015年の1月20日前後に生まれる予定。

谷水オーナー談
「ファンにこれだけ愛された馬。形に残るものを我々の手で作りたいと思った。やはり東京競馬場がふさわしい場所。胸がいっぱいです」「毎年会いにも行っており、母らしくなったが、ものすごく若い。子どもたちが東京競馬場で走ることを夢見ています」と感慨深げに語ったという。

ウオッカ競走馬データ
シーザスターズ競走馬データ
フランケル wikipedia

PR競馬予想
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top