競馬予想チェッカー

競馬予想サイト評判チェッカー

G1

香港QE2世C 海外初挑戦エピファネイア無念の4着

香港シャティン 芝2000メートルにて4歳上 出走10頭で競われるG1レースとなるクイーンエリザベス2世Cに出走の日本馬2騎が、本戦前日の4月26日、シャティン競馬場で最終調整に臨み、本番の好走を期待されていたが、27日エピファネイア(牡4、角居 2013菊花賞馬)の海外初挑戦は、4番手で追走しスローペースにも折り合って進み、4コーナーから先頭に立とうとしたものの、直線でかわされ4着という無念の結果に終わった。

もう一方の日本馬アンコイルド(牡5、矢作)は10着。
レースを制したのはデザインズオンローム(せん4 香港)

福永祐一騎手談
「手応えはよかったけど、思ったより伸びなかった」

直前の調整の際に角居師が「状態は良さそう。スピードもパワーも必要なコースだけど、力もあるので合うと思う。いい競馬ができるのでは」としていただけに残念な結果である。

PR競馬予想
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top