競馬予想チェッカー

競馬予想サイト評判チェッカー

中山競馬場

皐月賞2014 予想戦線本格化

3月も終わり4月もすでに1週目の終わりを迎える。
春競馬戦線も本格化を迎えており、直近では桜花賞なども控えているが、例年以上に激戦と目される2014年の皐月賞はどの馬?と様々なメディアでも今から熱い予想が繰り広げられています。

少々まとめてみましょう。

弥生賞を制したトゥザワールド?

皐月賞本番と同じ中山競馬場2000mで争われた弥生賞(皐月賞トライアル)が先日行われたわけだが、1番人気のトゥザワールドを外からワンアンドオンリーが追い詰めたが、これをわずか4センチ差でトゥザワールドが勝利。

結果、4連勝で本番行きを決めたわけであるが、逆に2着ワンアンドオンリーはそれにより存在を強く示す印象を残した。

とはいえ、この2頭以外にも有力馬が揃っているという点も注目。

クラシックレースに於いては強力馬が集う古馬戦線とは異なり、趣が年によって大きく変わるようなものでもある。

それに、今回のレベル高き顔ぶれを鑑みれば競馬ファンの盛り上がりもうなずける。

また

トーセンスターダムに関してはデビューから3連勝で負けなし。
鞍上も武豊となれば、現3歳世代でスター性も含め頭一つ抜けた存在。

きさらぎ賞(前走)では、ライバルのバンドワゴンをゴール前で捕らえるなど勝負強さが光っている。

能力が最大限発揮されれば、そこにはかなり面白い展開がまっている。

そして

イスラボニータは桜花賞で本命候補とも言われているハープスターに昨夏新潟2歳Sで唯一の敗戦ではあったが、それ以外は好調な勝ち様でもあるし、中山を経験してはいないものの、共同通信杯(前走)のレースをみても直線での伸びなどは確かな成長がうかがえる。

更には、まだまだレースを盛り上げてくれそうな馬…
それがやはり各メディアなどでも注目度の高いバンドワゴン。

デビュー2戦は大差の逃げ切り勝ちをしたが、前走のレースなどを鑑みると能力を出し切っていない?とも思えるレースだった事もあり、上積みを踏まえればこの馬がやはり一番か?とも目されており、果たして、大逃げを打てるのか?が見ものともいわれている。

それではいったいどの馬が1番人気?と言われれば、やはりイスラボニータにバンドワゴンあたりとなるのだろうか?

まだまだ暑い予想論戦が繰り広げられる現在であるが、皐月賞本番 非常に楽しみである。

【ほか2014皐月賞 参考関連ニュース】

マイネルフロストは皐月賞使わずダービーへ

バンドワゴン好気配/軽快な動きを披露したバンドワゴン

良血ワールドわずかにリードも空前の混戦ムード

トーセンスターダム、皐月賞2週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

PR競馬予想
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top