佐賀を筆頭に売り上げ好調の地方競馬


Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file(http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://lucksunday.com/api/forecastsite/random.xml?limit=1" in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/review_api.php on line 27

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/seo4u8/www/kuchikomi-keiba/wp-content/themes/twentyfourteen/content.php on line 71

本年度の地方競馬は間もなく全ての開催を終える
荒尾や福山の廃止などとマイナスな話題もあった地方競馬では合ったが
そんな中、地方競馬の売り上げ好調と伝えらた。

全体の1日平均売上額としては、前年度比で10%以上プラスの見込みとのこと。

その中でも、九州で唯一の地方競馬となる佐賀競馬では同約26%の増加で20%台の増加は1974年度(同25%増)以来とのことで、これは39年ぶりのプラス幅らしい。

要因としては昨年度下期に始まったインターネット発売が挙げられる。
この売り上げが順調に伸びたことにより、この売り上げ増に繋がったとの見込みが語られている。

冬季の伸びは想定以上で本年度の佐賀は極めて順調に売り上げを伸ばした結果だ。

2014年3月23日には最後の開催を終え、売り上げは10年前の水準に回復し本年度の合計売上額は131億9723万円余り。前年度の売り上げも軽々とクリアしたかたちである。

ネット投票「IPAT」という新たな発売方法効果もあり、確かな手応えを得て一年を終えた格好である。

また、電話投票額の上積みにより全国の地方競馬の売上額アップを支え、その内訳については大半がインターネット投票。

既存のネット発売システムに加え、地方競馬では2012年10月からIPAT投票という新しいシステムによる馬券の発売を始めたわけであるが、これまではJRAの馬券のみが購入可能であったが、地方競馬の馬券も買えるようになった点の影響は大きかったようだ。

公営競技で最大の売上額を誇るJRAだけに、そのファン層の力は大きい。

また、下半期からの導入となった初年度の12年度には、多くの地方競馬主催者が早速、前年度比プラスに転じた。

早速、IPAT効果が良く見える形で示された事になる。

本年度については更なる好調子を魅せ、全主催者が前年度比プラスの見込みとなったわけだ。

その様な中でもとりわけ突出して佐賀の伸び率が凄い。
佐賀の電投額は前年度の約1・9倍で全国トップ級であった。

これ以後の更なる地方競馬の飛躍に期待したい。

地方競馬IPAT特設サイト – 地方競馬全国協会

一緒に良く閲覧されている関連情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です